次回2024年7月開催の指導者養成セミナーの募集を開始いたしました!

一般社団法人SSTARソーシャルスキルトレーニングで
思春期ASDの社会生活を支援

「指導者養成トレーニングセミナーって?」

SSTARでは、現在、1年に3回指導者養成セミナーを開催しています。3日間(合計24時間)にわたるセミナーの様子を、いくつかお伝えしましょう。

(1)マニュアルには載っていないことが学べます

 ASDの人にピアーズプログラムが有効な理由や、エビデンスが得られた海外の研究報告について知ることができます。また、実際のセッションの様子やロール・プレイの動画の紹介、セッションで使用するフラッシュカードなど実物の教材をご覧いただけます。

(2)参加者同士でロール・プレイや行動リハーサルを体験できます

セッションで行われるロール・プレイや行動リハーサルを参加者の皆さんに体験していただくことで、プログラムの内容を、より具体的かつ深く学んでいただけます。

(3)セミナー中の質問についてもお答えします

セミナー中は、沢山の質問が参加者から随時受けつけています。例えば、「全セッション実施できない場合は、どうすればよいか?」「ピアーズの内容を心理教育に活かすことはできるか?」「高校生に対して実施する時の注意点は?」など、様々な質問を頂きますが、セミナー中にできる限り、講師の山田やスタッフでお答えさせて頂いています。

(4)セミナー参加者間で交流も行われています

コロナ以降、対面受講に加えてオンラインでも受講して頂いていますので、オンラインでは日本全国からご参加頂き、大阪会場にも遠方から宿泊して参加して頂いています。教育、医療、福祉など多岐に渡る領域から参加頂いており、3日間のセミナー中には、参加者同士で交流する機会をお持ちいただけます。

次回のセミナーは、7月13〜15日です。ただいまH Pから、参加申し込みを受付中です。思春期に友だちが一人か二人いるかいないかは、その後の人生のメンタルヘルスに大きな違いが出てくると言われています。SSTが人との関わり方を単にハウツーとしてではなく、自己理解と他者理解を深めながら、使いたいスキルとして身につけることができるようにどうすれば良いのか、一緒に考えていけますことを楽しみにしております。